日帰り入院 保障

日帰り入院保障の定義、基準というものは入院基本料の支払いの有無により判断されます。年齢制限もあるので注意が必要。眼科、胃ポリープ、痔などでの検査や手術等も医療保険で出来るのか気になるところです。メリットは入院時間や費用の短縮、軽減といったところが大きいですね。

日帰り入院保障のメリット、デメリット

スポンサードリンク                    プライバシーポリシー

日帰り入院保障には年齢制限があります。一見おトクな特約のように思われ
ますが細かい条件がありますので、もし日帰り入院保障をと考えている方は
じっくり調べておかないと加入できない可能性もありますので十分注意して下さい。
ちなみに日帰り入院とは、簡単に言うと「入院基本料」の支払いの有無により判断されます。

今まで検査というと手術を行う数日前から入院し、最低でも1週間近くは入院するケースが多かったのですが、この日帰り入院保障ではその名の通り全てを1日で済ませるようにしたシステムに対応した保障という事になります。
つまり朝入院し夕方には退院することができるわけですが、こういった日帰り入院保障はなかなか仕事が休めないという方や子供の世話や介護で長期間自宅を
空けることができないという方に適しています。

またメリット、デメリットがはっきりとある保障でもあり、特にデメリットの部分を理解し条件等も調べておかなければ加入できないという事もありますのでしっかり情報収集をしておく必要があるといえます。
日帰り入院のメリットは、仕事を休めない方や子供や介護の世話でなかなか自宅を空けることができないという方、自営業の方などが安心して検査・手術を行うことができるということがメリットになります。

つまり全て最小限で済ませることができますので、入院による拘束時間を減らせることが出来るという事になります。
他にも入院時間が短縮されますので、入院費も抑えらることができ経済的負担も軽く済みます。

一方、デメリットですが、日帰り入院保障のデメリットは加入できる年齢が限られているということです。
保険会社によりその年齢は異なってきますが、満60歳であったり70歳であったりというように制限があります。


またそれらは保険料払込期間により異なる場合がありますので、きちんと特約の詳細や条件など目を通す必要があります。

ちなみに医療保険には日帰り入院保障の他に1泊2日からの保障などもありますが、どちらもたいして差はないので自分に合ったタイプを
選ぶということがポイントになります。 大手保険会社の住友生命では、入院基本料の支払いの有無を参考に判断されるようです。

また朝日生命、東京海上あんしん生命、三井住友海上きらめき生命、アクサ生命保険でも、この日帰り入院保障があり
もちろんそれ以外保険でも特約として用意されているようです。

ただ、日帰り入院保障に加入する際は各社詳細条件が異なりますので、きちんと確認をした上で加入することをおすすめします。

SPONSORED LINK

Copyright(C) 美景微笑 All Rights Reserved.